Yurika Living

今日で、

雪やこんこん♪
犬は喜び庭駆け回る~,,じゃないらしい。
寒いと”早々に帰りましょうよ”
って感じのこの方。。。
寒い時期はモコモコのまま
なんの種類かわからないけども
由緒正しいお生まれMシュナの
Rufusも韓国生活5年。
写真は東京にいる頃のグルーミング後。
こうして見ると歳とっちゃったわね。

こちらでこの写真を見せても、
このカットにしてもらえた事がない….haha
Ru~。。。aw,,,

 

 

 

5年前  2012年1月14日も
今日と同じくすごく寒くて
麗らかな冬の土曜日だったっけ。
ドタバタ劇でやってきたソウル。

3月に一旦、卒業式に出るために
東京へ戻るのを前提でInt’l schoolの日程に
合わせお引越しをしたけれど、
ビザは3月発給で1月に来る時点では
海外引っ越し便が使えず
荷物は船便とEMSで発送。
息子の21.5インチのiMacは
手持ちで持って来る他なく梱包して10キロ弱。
ルーファスは6キロなのでハードゲージに
入れなければならずこちらも10キロ。
他すぐに使うものなどの荷物を
私、息子、姉さん3人で手分けしても
3人分のエアチケット以上の超過料金を払い?!
こんな事が?!と泣きつつつ
いざソウルへ。
チョンダムドンのレジデンスでの
生活が始まりました。

あれからまるっと5年経ったなんて。
今までも1年、2年と過ぎて来たけど
6年目の始まりの2017年は今迄になく
何があるのやら、どうなるのやら。
動き始めた何かの全容が見えなくて
今までで一番ハードな時期に
武者震いのような感覚です。

ここまでも、
ダーっと走って行っては
壁にドーンて体当たりして
パタッと倒れてもすぐ再起動する私を
本気で応援してくれて
本気で叱咤激励してくれて、
一緒に泣いて大笑いして、
いつも気にかけてくれる
仲間がいてくれるから今ここがあります。
本当にみんな愛してる♡
そして足を向けて眠れないと思うくらい
感謝しています。

韓国のことを何も知らず
韓流ファンだったわけでもないのに
2011年の夏に呼ばれて
初めて韓国に来た時に
ここに住んでもいいかもって
漠然と感じた直感だけを頼りに
ソウル住んで見よっか、
住めるようならそれから考えようって、
思った瞬間に人生は大きく動き始め
ソウルにきちゃったって感じで
スタートした私たちのドラマ。
1ヶ月程すぎた2月20日に運命の出会い。
この時少年は11歳。
思い返すほどに尽きないくらい
濃い5年間を送ってきました。
考えられないほどの贈り物と
負担を抱えながら生きる
息子の隣にいることしかできないけれど、
安堵の場所を守って行くことを使命に
過ごしてきたように思います。
その時間の中に常に葛藤はあったし、
時々後ろを振り返る時もありますが、
今こそまた前だけを向いていく
新たなseasonの始まり。

人生って本当に不思議。
今考えると全てが繋がっていて
あの時すでにこの時点まで
繋がっていたのだろうなって。
まだ見ていない未来はわからなくても
繋がっていく今を心に書き留めながら
土日の休みもなく疲れ切った顔で、
大人の都合に振り回されながらも
自分と自分が信じる仲間を信じて
1日を目一杯生きる息子を
もっとタフになって支えることを
新たにまた心に誓う週末です。

My baby boy♡

ぐったり疲れて帰って来た深夜
ぴたっと息子の横に寄り添うRufus
癒そうとしているような健気さに
Rufusもここで自分の仕事を全うしてるようで
なんともありがたい We love to Rufus
2人と1匹 応援してくれるみんなの
気持ちにエナジーをもらって
また一歩前へ。

 

I’m starting to new season of my reality drama.

 

この週末はたくさんのお問い合わせと
ソウルでの次の活動のオファーを頂き、
これまた始まりのサインが。
Life is a journey.

 

 

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

© 2019 Yurika Living

Theme by Anders Norén

%d bloggers like this: